スポンサーリンク

将来が見えず不安定な日々 正社員になろうとする

私はこの頃、将来が見えない状態になっていました。
やりたいことがなく、何をして生きていけばいいのか分かりません。

不安から、考え方は安定志向になっていました。

20代の頃は、先のことなど、どうにでもなる、という感じでしたが、
30代になり、やはりきちっと会社で働き、ボーナスを貰って、
コツコツ生きていくべきではないか、
という保守的な考えが頭を占めるようになっていました、

スポンサーリンク

最初に絶対受かりそうもない大きな会社の求人広告に応募し、
案の定不採用となりました。

そこでもう少し現実的に、
中小企業の正社員募集の面接に行くことにしました。

自分に何ができるかというアピール以上に、
残業代はちゃんともらえるか、とか、
有給はちゃんと休めるのかと質問し、
あからさまに面接官に嫌な顔をされました。

そうして不採用になったりしているうちに、
やはりたとえ就職できても、
またどうせすぐ辞めたくなるような気がして、
何社か受けたうちの一社に、
せっかく採用されたのですが、結局断ってしまいました。

 
自分のことをよく考えても、集団生活が苦手で、
自分のペースで生きたかったからこそ正社員を自ら辞めたのに、
不安になったからといって就職しても、
長続きするはずがありません。

今振り返っても、仮に正社員になったとしても、
100%長続きしなかったと断言できます。

どうやって生きていけばいいのか自分で全然分からず、
考えがコロコロ変わってしまう状態でした。

生活を安定させたくても、
自分自身は全然安定していませんでした。the-road-ahead_thumb

そこで次に考えたのは、求人誌に載っていた仲介会社と契約し、
大手のプロジェクトに参加する道でした。

目標が何もないなら、とりあえず、
目先のお金を貰うことを考えることにしました。

自分には高い技術はありませんでしたが、
コンピューター関連は慢性的な人手不足で、
探せばできる仕事はありました。

正社員になるよりも、
よっぽどこっちのほうが自分に向いていると思い、
誰でも知ってる大手の会社に出向して働き始めました。

 
最初は人の尻拭いのような仕事で、
精神的にきつかったのですが、
比較的短期間で終わることができました。

しかし、いくら待っても報酬が振り込まれません。
会社に電話しても、ちょっと待ってくれとか、
担当者が不在とか言われ、
腹が立って何度も電話した末、
結局予定よりかなり遅れて入金されました。

次の仕事の紹介もあったのですが、
信用できなくなり、その会社とは契約しないことにしました。

そうしてまた次の仲介会社を見つけ、
将来設計は何もなく、
とりあえず数ヶ月単位でプロジェクトをこなすという、
その日暮らし的な生き方をするようになっていました。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ