スポンサーリンク

森田療法の効果 あがり症、書痙(しょけい)と森田療法

私は仕事もコンピュータ等の、
人の視線を気にしなくて済む仕事をしていましたし、
ある程度の感情の交流が持てた人の前では、
書痙の発作は起こりません。

スポンサーリンク

緊張する局面や、初対面の人の前で何度も字を書いて、
成功体験を積む以外、
視線恐怖による書痙を克服する道はありません。

これは森田療法の考え方です。

私は、書籍を2、3冊読んだ程度の知識ですが、
森田療法の考え方は、あるがままの自分を認める、
ということです。

緊張したくない、緊張しないようにしよう、
と抵抗してしまうことが、
逆に緊張を呼んでいるということです。

震える自分を認め、抵抗せず、
そのままの自分で字を書くということを続けていれば、
自然といつの間にか震えなくなる、
これが森田療法の考え方だと思います。

あがり症を克服した人から、
森田療法を取り入れた話はよく聞きます。
私の赤面恐怖症が治ったのは、
森田療法の理屈と同じだと思います。
(「赤面恐怖症はあっけなく治った」参照)
赤面する自分を受け入れたからです。

しかし書痙に関しては難しいと思いました。
書痙のときの発作が耐え難いからです。white-stones-1395144967DxY_thumb

ありのままの自分とは言え、
発作が起こっている状態はパニックに近く、
苦しくて、逃げ出したくなります。

発作や予期不安も自然なこととして受け入れる、
という森田療法は一種の精神修行のようで、
私の書痙に適用するのは困難だと感じました。
結局私は、書痙に関しては今でも薬を使用しています。

人前で字を書かなくてはいけない可能性がある時は、
予め(あらかじめ)薬を飲んでおきます。
予期不安への対処も大きな目的です。

字を書く練習はしていません。

普段はキーボードを使っていますし、
マイナスを0にする努力をする時間があったら、
0のものをプラス方向に伸ばす努力に時間を使いたい、
という考えもあります。

薬を飲んでいない、とっさの時は、
予期不安を感じる時間も短いので、
結構平気なことも多いです。

それでもダメな時は仕方なく諦めます。
震えても死ぬことは無いのですから…。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ