スポンサーリンク

ポジティブになる方法 ポジティブシンキングの基本は体を動かすこと

今になってみて、若い頃(10代~20代)に、
やっておけば良かったと思うことを挙げておきます。

特に30過ぎて気付いたことは、
心と体は相互に影響を及ぼし合うということです。

悩んでばかりいましたが、
体を動かしつつ考えることが良い決断に繋がるということが、
当時は分かっていませんでした。

ポジティブになるには、
ということを考えた場合、最も即効性の高い方法は運動だと思います。

スポンサーリンク

格闘技

これが出来れば、
かなりの自信を持つことができると思います。

男性なら特に、強い、というだけで、
色々なことに自信が持てるでしょう。

私もやれればいいな、とは思いましたが実践できませんでした。
ジムや道場に通うこと自体がやはりハードルでした。

特にいいのは男女問わず、
合気道など、「気」を感じることができるもの。

護身術にもなるし、先生や流儀にもよりますが、
「気」が扱えると、心のコントロールにとても有効だと思います。

30代くらいから始める人も多いですが、
心の弱さに悩んでいる人は特に、
早く始めることが自分を助けることになると思います。 

もしもう一度人生をやり直せるなら、
絶対やっておきたいことの一つです。

筋トレ

私は30代から40代前半までやっていました。
(やったりやらなかったりで、合計では6年位ですが…)

筋肉が付いていくのを見ることは、自信につながります。
実際に力もつくので、それだけで頼りにされることもあります。

道具を揃えることができれば、ジムに通う必要もないですし、
道具なしでも十分可能です。

きちんと超回復を理解して実施すると、
あっという間に筋肉は付いてきます。

ウォーキング・散歩

とても手軽に心の落ち込みを防ぐ方法です。

悩みごとも、部屋で一人で考えるのと、
歩きながら考えるのでは、結論が全く違ってきます。

悩んだり、落ち込んだりした時、
外に出て歩いてみることは、心身ともに良い影響をもたらします。

特に自然の中を歩くことは楽しいので、
今でも積極的に行っています。

運動・スポーツ全般

結局、運動なら何でもいいということになりますが、
体を動かしながら心が落ち込むというのはとても難しいことです。

終わった後もとても気持ちが良くなっていて、
心がポジティブになります。

特に10代、20代の若い頃は無理も利くので、
有酸素運動にこだわらず、
やりたいものをやるのがいいでしょう。

強い体を作ることは、
強い心を作る為の重要な手段の一つです。 stretching-and-exercising_thumb
私が過去にやったことを挙げると、
胃を壊したときにヨガ教室に通ってみました。
直接は治りませんでしたが、
そのとき覚えたポーズや呼吸法は今でも一人でやっています。

他に水泳を2年ぐらいです。すでに30代後半でしたが、
まともに泳げなかったので、コーチについて半年くらい習い、
あとは自主的にプールに通いました。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ