スポンサーリンク

ネグレクト(育児放棄)の特殊事例・事件 犬として育てられた少年

本のタイトルにもなっている「犬として育てられた少年」は、
6つ目のエピソードとして紹介されています。

スポンサーリンク

ジャスティンは母親が15歳で出産した男の子です。
母親は彼を出産後わずか2ヶ月でこの世を去ってしまいました。

その後、愛情豊かな祖母に引き取られますが、
この祖母も1年足らずで亡くなってしまいます。

祖母の恋人だったアーサーと2人きりになってしまいますが、
2人は元々何の繋がりもない間柄なので、
アーサーは子供を施設に預けることを考えます。

ところが、引き取り先を探すまで待ってくれと言われ、
その後数年間、ジャスティンを面倒みる破目になってしまいます。

アーサーは知的障害があったらしく、
子供を育てたこともありませんでした。

犬のブリーダーをやっていた為、
悪気は無かったのですが、ジャスティンを檻に入れ、
犬と同じ様に育ててしまいます。

結果的にネグレクト(育児放棄)された子供と同様、
脳の発達が遅れることになってしまいました。 3386892901_b8d24c5968_m_thumb
ペリー博士がジャスティンに会った時、
彼はすでに6歳になっていました。

集中治療室に入れられていましたが、
唸り声を上げ、自分の排泄物を投げるなど、
手に負えない子供として、博士が呼ばれたわけです。

博士が彼の為に環境を整え、秩序ある治療を施すと、
最初は犬のような行動を見せていたジャスティンは、
みるみるうちに回復し、里親も見つかり、
8歳になる頃には幼稚園に通えるまでになりました。

 
ここまで早く回復した理由は、最初の1年間とはいえ、
祖母から愛情を受けたというベースがあったことが、
大きな理由でした。

一緒に暮らしていた犬が社会秩序のある動物で、
その影響を受けたことも一因としてあるようです。

 
別の章では育児放棄された形の子供が、その後、
凶悪事件を起こし刑務所に入ってしまいます。

ちょっとした運命のイタズラで、
こんなにも人生が違ってしまうのかと、
考えさせられてしまう話です。

次の関連記事⇒「犬として育てられた少年」4

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ