スポンサーリンク

コミュ障診断テスト 動画でチェック、原因、改善方法を考える

YouTubeにコミュ障診断があったので、見てみました。

 
コミュ障の原因についての動画もありました。 ⇒削除されてしまいました。
2ちゃんねるでのやり取りを動画にしたようです。
やはり自意識過剰が大きな問題のようです。

 
同じ人の、
コミュ障の改善方法の動画も見てみました。 ⇒削除されてしまいました。

トレーニング方法は知っているだけではダメで、
実際実行しないと意味がありません。

自分のことをコミュ障だと認めていても、
治すためのトレーニングや努力をしている人は少ないようにも思われます。

3つめの動画の中でコミュ障を治し、営業でトップを取った人は、
自分で問題点を分析しトレーニングを実行しています。

スポンサーリンク

 トレーニングを実際に実行してみる

このサイトで紹介している、クヌム・カンパニーの山崎さんも、
同じように自分で欠点を分析し、改善方法を考えています。
 
私のように何もせず、社会に出てから体で覚えると時間もかかるし、
辛い体験も多くなってしまいますが、
大抵の人はこの方法でコミュ障を克服するのでしょう。

一気にコミュ力を上げるには、上記の営業マンさんや、
山崎さんのように、ある方法論に従って、
実際の会話の場をトレーニングの場にしてしまうことが、
効率がよいでしょう。 friendly-casualties_thumb
人間関係で相手のことを考え、
どうしたら気分よくなってもらい仲良くなれるか、
山崎さんの最近のメルマガでも言及していました。

他人のことを褒めるときに、直接言わず、
間接的に伝える方法です。

仕事の関係で年上の女性(Mさん)と知り合い、
その人との距離がどうしても縮められなかった山崎さんは、
Mさんのいない時に共通の知人と飲みに行き、
とにかくMさんを褒めたそうです。

すると次に会ったときMさんの態度は別人のようによそよそしさが無くなり、
親しみをこめて話しかけてくれたそうです。

もちろん飲み会の内容が知人を通してMさんに伝わったからです。

実際の体験談を読むと、単なる技術論ではなく、
リアリティがあって納得できます。

話下手な人に 「ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~」

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ