スポンサーリンク

依存症の種類と特徴 アルコール、ニコチン、ギャンブル、買い物等

依存症の種類をざっと調べただけでも、
結構沢山ありました。

正式な診断名のものと、
俗語として使われているものがありますが、
正式な診断名にすべきか検討中というものもあります。

タイプとして、物質への依存、行為への依存、
人間関係への依存の3つに分けられます。

いずれの依存症も、心の空虚感や孤独、劣等感、
漠然と満たされない思いが募る、等から、
その物質、行為、関係に刺激を求めようとします。

スポンサーリンク

物質への依存

・アルコール依存症
・ニコチン依存症
・薬物依存症
・カフェイン依存症
・砂糖依存症

これらは直接身体にダメージを与えるので、
そういう意味での危険度は高いです。

原因が心の問題で始まっても、
最終的には身体的な問題としてダメージをもたらす可能性があります。

また薬物依存のように一旦依存状態に陥ると、
一生脳がそれを必要とし続け、
その欲望と闘わなければいけないものもあります。

行為(過程)への依存

・ギャンブル依存症(パチンコ依存症)
・買い物依存症
・美容整形依存症
・性依存症
・インターネット依存症
・携帯電話依存症
・ゲーム依存症
7216348000_67b767d6b1_m_thumb

ギャンブルや買い物に依存すると、
いずれは経済的な破綻を迎えます。

クレジットカードの限度額一杯まで使用し、
消費者金融からお金を借りても止められず、
自己破産してしまうケースも少なくありません。

 
女性の性依存症者の中には、
自傷行為として行為が行われていることもあります。

AV女優や風俗嬢の人の中には、
仕事そのものが無意識の自傷行為として行われていることも多いようです。

人間関係への依存(共依存)

・恋愛依存症

恋愛依存症にかぎらず、あらゆる人間関係が依存の対象になります。

その人間関係がないと不安になり、
頼ったり頼られたりすることから抜けられなくなるものです。

DV(ドメスティクバイオレンス・家庭内暴力)や、
ストーカーもここに分類されることがあるようです。

その他の依存症

・回避依存症

回避依存症は、人間関係に頼るのとは逆に、
深い人間関係を回避しようとする依存症です。

内心では人間関係で傷つくことを恐れ、
広く浅い人間関係を築くことに終始したり、
特定の恋愛関係を避け、浮気を繰り返す人もいます。

弱みを見せることを恐れるため、自分の本当の気持ちを隠し、
何を考えているのか分からない人に見られます。

 
他にも、
・実家依存症
・炭水化物依存症
・ぬいぐるみ依存症
・マスク依存症
等、様々な事柄が依存の対象になり得ます。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ