スポンサーリンク

我が強い人、我儘(わがまま)、協調性のない人になってみる

「我が強い」という言葉があります。
これは自分の意見を押し通す力が強く、強情、頑固という意味です。

どちらかというと、困った人というニュアンスが強い感じもしますが、
コミュ障、対人恐怖症の人は我を強めたいと思っている人が多いはずです。

我が強い人は人の気持ちよりも自分の気持ちを優先します。
結果的に協調性が無い人に見られるかもしれません。

スポンサーリンク

私は過去、20代の前半くらいまでは、
自分はとても協調性のある人間だと思っていました。

それは常に相手の顔色をうかがい、人の意見に合わせ、
自分を主張することができなかった為なのですが、
自分ではそれを協調性があると勘違いしていました。

しかし、会社に入った頃は大人しくて真面目だと見られていたのが、
段々自分を主張し始め、途中凄く嫌な奴、になっていました。
コミュニケーションに対するコンプレックス 同僚への嫉妬 参照)

同僚から見て全然協調性がない人だったと思います。
過去に自分を全く主張できなかった反動もあるのかもしませんが、
人に合わせることが苦痛になっていました。3764236471_96d4ebaefa_m_thumb

自分のやりたいことをしたい、と考えるようになってくると、
周りに合わせていては無理だと感じるようになり、
結果的には会社員を辞めてしまいます。

 
本当に協調性がある人というのは、自分の意見をきちっと言いながらも、
人の意見を尊重し、バランスを取る事が出来る人でしょう。

またチームや集団に尽くすということも、
協調性がないとできないことだと思います。

例えば野球部で3年間レギュラーになれなくても、
ベンチでいつも声を枯らして応援し、
たとえ自分の出番が全くなくてもチームの勝利に心から喜べる人は、
私などから見ると尊敬に値します。

 
私は多分気質的に協調性のある人間ではないと思います。
大人しい真面目な人から一旦とても我が強い我儘な人になり、
(職場での話ですが)
そしてそれを反省し、協調することを覚えたという感じです。

我儘になれと言っても、それはそれで難しいと思いますが、
コミュ障、対人恐怖症のように過剰に自分を抑えている人は、
一旦我儘になってみるということは成長の過程に必要なことかもしれません。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ