スポンサーリンク

遺伝子検査キットで自分の性格を調べる「GeneLife Myself」

遺伝子によって決まる性格(気質)について、
これまで何度かお話しました。

遺伝子関連の記事

遺伝子検査により、その気質がかなり分かるようになり、
自宅にいながら手軽に検査を受けることも可能になっています。

遺伝子検査キット「GeneLife Myself」について

遺伝子検査キット「GeneLife Myself」(ジーンライフ マイセルフ)は、
検査したい人の唾液を採取して郵送するだけで、
約一ヶ月後にWEB上で結果が閲覧できるシステムです。

スポンサーリンク

この遺伝子検査キットで分かる項目は以下です。

性格 項目

  1. 報酬依存性 行動動機として報酬を期待する遺伝的傾向にあるか
  2. 束縛性 束縛する遺伝的傾向にあるか
  3. パートナーに対する束縛性 
  4. 積極的な行動 積極的に行動する遺伝的傾向にあるか
  5. 女性における行動促進 女性において、積極的に行動する遺伝的傾向にあるか
  6. 落ち着き 落ち着きがあるか
  7. 男性における被害防止 男性において、損害回避しやすいか
  8. 育児 子育てにおいて過保護性や自己志向がでやすいか
  9. 気配り 気配りをよくするか
  10. 神経質 神経質になりやすいか
  11. 若い女性における神経質 若い女性において神経質になりやすいか
  12. 怒り 怒りやすいか
  13. 若い男性における怒り 若い男性における怒りやすさ
  14. 攻撃的な行動 攻撃的行動を起こす遺伝的傾向にあるか
  15. 外向性・社交性 社交性の傾向
  16. 内気 内気になりやすいか
  17. 霊的な話しの信じやすさ
  18. 自己成長 以前の自分を超える能力を持つか
  19. ネガティブ思考 ネガティブ思考になりやすいか
  20. ストレスに対する反応性 ストレスを感じやすいか
  21. 疎外感 疎外感を感じやすいか
  22. 許容力 新しい環境や経験を受け入れやすい開放的な性格か
  23. 社会的常識性 社会的常識を守り、他人を思いやる性格かどうか
  24. 不確実性への恐れ 不確実な事柄を恐れやすいか
  25. 感傷的 感傷的になる傾向にあるか
  26. 幸福感 幸福感を感じやすいか
  27. 信頼・信用 他人を信頼しやすい遺伝的な傾向
  28. 裏切りに対する怒り 裏切りに対する許容力
  29. 友人に求める趣向 自分と趣向が似ていない友人を求めやすいか
  30. 失敗へのポジティブ性 失敗してもポジティブにとらえる事が出来るか
  31. コンピューターへの信頼 コンピューターが提供する情報を信頼しやすいか
  32. 表情認識(悲しみ) 悲しい表情に対して敏感か
  33. 表情認識(怒り) 怒りの表情に対して敏感か
  34. 人生イベント(結婚、逮捕など) 人生における大きな出来事を求める傾向にあるか
  35. 恐怖心の抑制 恐怖心を抑えやすいか
  36. チームワーク性 チームワーク性が高いか
  37. 突発的な行動性 突発的に行動しやすいか
  38. 明るさ 陽気になりやすいか

-1359712483qyB_thumb

特徴 項目

  1. 苦み感知度 苦みに敏感か
  2. 甘み摂取傾向 甘い物の消費が多いか
  3. 論理的思考 論理的思考しやすく、特に高齢でそれを維持できるか
  4. 情報処理速度 知能テストなどの選択問題を行った際の思考速度
  5. 計算速度 計算速度が速いか
  6. 危険回避 危険回避しやすいか
  7. 被害防止 損害回避しやすいか
  8. 行動持続 継続力が高いか
  9. 注意力・集中力 注意力・集中力の遺伝的傾向
  10. 言語記憶力 言語記憶力が高いか
  11. 記憶力 記憶力が高いか
  12. 想起力 以前あったことを思い出す能力が高いか
  13. 朝型 体内時計の制御に機能する遺伝子。朝型傾向にあるか
  14. 音感・音痴 音を聞き取る力、それに合わせて音を発音する力の遺伝的傾向
  15. 歯ぎしり(不眠につながる) 歯ぎしりをしやすいか
  16. 禁煙における禁断症状 禁煙中に禁断症状が出やすいか
  17. 匂い感知度 臭覚が敏感になりやすいか
  18. 耳垢タイプ 耳垢が湿っているか、さらさらと乾燥しているか
  19. 長寿・寿命 主に男性に対して長寿の傾向にあるか
  20. 寿命の指標(テロメア長) テロメアの長さ
  21. 老化 年齢を重ねても認知機能の低下がみられず、健康でいられるかどうか
  22. 知的好奇心の強さ 知的好奇心が強いか
  23. 睡眠時間 就寝時間が遅くなりやすいか
  24. 不眠症(カフェイン誘導) カフェインを摂取した際に寝付きが悪くなりやすいか
  25. 群発頭痛 群発頭痛の人によく見られる遺伝子多型を持っているか
  26. 疲労 疲労がたまりやすいか
  27. 解毒 解毒能力の高さ
  28. 痛みに対する敏感性 痛みに対して敏感か
  29. ギャンブル依存傾向 ギャンブル依存になりやすいか
  30. 海馬の大きさ 海馬の容積に関連する遺伝子
  31. 性ホルモンと薬指の長さ 人差し指と薬指の長さの相関性傾向
  32. 飲酒量 アルコールの摂取量に関連する遺伝子
  33. 顔の見た目年齢 顔のしわやたるみが出る傾向、紫外線の影響を受けやすいか
  34. 体重 体重に関連する遺伝子
  35. 付き合い初期のコミュニケーション力 カップルにおける付き合い初期のコミュニケーション力

遺伝指検査キットで分かること

myself

上のようなグラフで、
現状の個性もわかるそうです。

このグラフを例にすると、この人は遺伝子的には社会性は高くなかったものの、
後天的に高い社会性を身に付けた、という結果になっています。

逆に開放性・文化性(知的好奇心や想像力)は本来高いはずが、
現状では発揮できていないということになります。

他人とのコミュニケーションに悩みがある場合、
このグラフの赤と緑が一致していない項目にヒントがある、
と考えることもできるそうです。

by カエレバ

 

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ