スポンサーリンク

輪廻転生?ワイス博士の退行催眠・前世療法とは?

前世療法という催眠治療があります。

退行催眠を行い、
幼少の頃の記憶を探るという治療方法は、
心理学者の間でも用いられ一般的ですが、
前世まで戻るとなると、非科学的で眉唾物のような感じもします。

私も以前、前世への退行を試してみたことがありますが、
うまくいはいきませんでした。
(自分の意志というより、セラピストが試したのですが)
書痙(しょけい)が治らず催眠療法(ヒプノセラピー)を受けてみる参照)

スポンサーリンク

 
その後しばらくして、ブライアン・L・ワイス博士という人の書いた
「前世療法」という本を読んでみました。

ワイス博士は元々は普通の精神科医であり、
専門分野は、うつ病や精神障害、
アルツハイマー症などの研究でした。

神経症等の治療に催眠療法を取り入れ、
それにより患者を治療していたものの、
前世や過去世といったものは全く信じていませんでした。

 
しかしある時、クライアント(患者)の女性が突然、
過去世での生活を語り出すという、ショッキングな体験をします。

さらに彼女は自分の体験だけでなく、
別の人格が乗り移ったように、神のメッセージのようなものを
語ることもありました。
(博士は中間世からのメッセージと捉えています)

 
博士は催眠を科学的な立場から実施していたので、
最初は自分でも過去世というものが信じられませんでした。

しかし催眠状態に入った彼女の状態から、
嘘をついているとも思えないので、とても混乱してしまいます。 559203898_a4d18a0bcf_zユングの集合的無意識の考え方を適用しても無理があり、
「輪廻転生」という考え方を受け入れざるを得なくなります。

結局何度も試した結果、彼女が過去世の記憶を語るごとに、
症状が改善されていくのを目の当たりにし、
博士自身の考え方が大きく変わっていきます。

 
私はこの本を読んで感動し、続編や著書を一通り読みました。
自分の過去世も知りたくなり、催眠のCDも試してみました。

残念ながら前世に戻ることはできませんでしたが、
リラクゼーションのCDとしてもとても良いので、
試してみて損はないと思います。
(中古なら数百円なので)

確か、博士の経験上、催眠で前世を体験できる人は、
3割くらいだと、著書のどこかに書いてあったと思います。

 
前世療法により語られる内容が、本当の過去世であるかどうかは、
科学的には証明できません。

臨死体験が最近の研究により、
脳の機能によるものであると分かったということもあり、
もしかしたら、これも脳の機能の一部なのかもしれません。
立花隆さんによる臨死体験の解明 脳と心、意識の関係参照)

 
しかし、「前世療法」や続編に書かれたエピソードはあまりにドラマチックで、
実際に救われた人や、
過去世を知ったことにより誕生したカップルの話など、
読み物としてもとても面白く、興味深いものです。

たとえ過去世を体験できなくとも、
感性が豊かになることは間違いないので、一読をオススメします。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ