スポンサーリンク

パニック発作に襲われる 症状と対処 大学卒業、社会人へ

結局大学生活で、やりたいことは見つかりませんでした。
4年生になってもゼミも取らず、足りない単位をかき集めるように授業に出て、
追試を受けたりして、何とかギリギリで卒業しました。

就職活動はしませんでした。
何をすればいいのか、どこで働けばいいのか決められず、
スーツを着て会社訪問するということは考えられなかったのです。

どっちみち卒業できるかどうか分からない状態だったので、
就職活動をしようと思っても出来なかったと思いますが…。

浪人も留年もしていないので、
とりあえずフリーターでいいだろう、そういう考えでした。

当時は景気も良かったので、深刻さはありませんでした。

スポンサーリンク

しかし、いざ求人誌を見ていると、
わざわざバイトで働くなら社員になっても同じではないか、
しかも社員ならボーナスがもらえる、と単純な思考が湧き上がり、
卒業後2ヶ月くらい経った5月頃になって就職活動を始めました。

人とあまり関わらない職種ならやはりコンピューター業界しかないと思い、
求人誌に載っていたあまり大きくない会社に応募することにしました。

大きな会社は受かるかどうかということより、
集団が怖いので最初から行く気はありません。
静かにひっそりと仕事できるところがいいと思っていました。

当時はほんとに社会性がなく、
最初に受けた会社の面接に遅刻して不採用となりました。
静かなオフィスで、ここなら働けるかもしれないと思っていたので残念でした。

正社員として採用される

その後何社受けたかは忘れたのですが、ある大手企業が出資している子会社、
というところに採用されました。

規模が小さい会社だから大丈夫と思っていたのですが、
その親会社に出勤することになってしまったのです。

紺や黒のスーツの集団が吸い込まれていくような大きなビルに、
不安一杯で出社すると、机が沢山並んだ広いオフィスに案内されました。

子会社の上司の人が「彼はちょっと就職活動が遅れて、今日からだから」
と紹介されたのを覚えています。men-tie

私が参加するプロジェクトの島の一つに自分の席があり、
そこで1日中、渡された資料を読んでいました。
前の席の人と目が合うのが嫌で、1日中下を向いていたと思います。

お昼になると6、7人の集団で外にゴハンを食べに行きます。
女子社員がグループに加わって仲のいい人と話したりしています。

私は完全に委縮し、質問にだけ答え、ただ集団にくっついていくだけです。
ここでやっていけるのかという不安に押しつぶされそうでした。
みんながあまりに大人に見え、私はまた緘黙症の状態になっていました。

しかし今回はアルバイトではなく、
社員として働いているので、簡単に辞めるわけにはいきません。

これがパニック発作?

2日目が終わり家に帰り、夕食を食べようとした頃だった気がしますが、
巨大な不安の塊のようなものが頭の中をグルングルン回り始め、
私は立っていられなくなりました。

めまいでフラフラになり布団に潜りこ込み、死んでしまう、と思いました。
今まで経験したことのない状態で、何が起こっているのか分かりません。

布団の中で死の恐怖に怯えながら、
突然私は、会社を辞めよう、と思いました。

すると、発作がおさまり、スーっと気が楽になりました。

これがパニック障害の人がなる発作なのかは未だに分かりませんが、
「ムンクの叫び」はパニックの状態を描いたものではないかという気がします。
ちょうど自分があんな状態になったからです。

 
翌日、恐る恐る電話で辞めたいと伝えると、
「ずいぶんと早い判断ですね」と呆れられましたが、
特に引きとめられることもなく、給料も貰わず退社となりました。

こうして私の初めての社員生活はたった2日で終了となりました。

スポンサーリンク

関連記事
予期不安と精神安定剤・抗不安薬の効果について
芸能人 パニック障害・症候群の原因 安西ひろこ 中川家剛 長嶋一茂


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ