スポンサーリンク

ダブルバインドとは 意味と危険性 親子間での無意識のコピー

子は親の無意識(潜在意識)をコピーすると言います。

生まれてから一緒にいる時間の長い人の無意識を最もコピーするので、
大抵は母親の影響を強く受けますが、
人によっては父親だったり兄弟、祖父祖母、伯父叔母、
または赤の他人かもしれません。

また、複数の人に一緒に育てられたりすれば、
一人の無意識ではなく、
複数の無意識をコピーすることになります。

両親が交互に面倒を見れば、
二人からの影響を強く受けるでしょう。
兄姉がいれば、その影響も当然受けます。

スポンサーリンク

生まれてから最初にコピーしたものが、
最も古い記憶として性格の土台になるわけです。

古い記憶ほど、長く一緒にいる記憶なので、
最近経験した記憶よりも影響は強いと言えるでしょう。

 
コピーすると言っても、すべての記憶を受け継ぐわけではないので、
その時々の心の状態をコピーしていくのではないかと思います 6510822299_5e47460297_m
ポイントは顕在意識ではなく無意識をコピーするということです。
これが、子は親の背中を見て育つ、ということだと思います。
(正面が顕在意識で、背中が無意識を表している)

顕在意識でいくら綺麗ごとを言っても、
無意識にやましい気持ちが抑圧されていれば、
子供はそれをコピーしてしまいます。

無意識にある気持ちと、
顕在意識で喋っている内容が食い違ったりすると、
子供はとても混乱します。

これをダブルバインドと言います。

たとえば「あなたをとても愛している」と言ってる母親が、
実は無意識に子供を憎んでいて、物凄く怖い表情でこのセリフを言っていたりすると、
子供は混乱して神経症などを病んでしまう恐れがあります。
(この例はそのまま書籍に書いてあったことですが、どの本だったか忘れてしまいました)

ここまで極端ではありませんが、私にも色々あてはまることがあります。

 
私は4歳くらいまでの母との記憶はほとんどありませんが、母が姑との同居で、
自分を抑えて周りに気を遣っていた不安一杯の心の状態をコピーし、
性格の土台にしてしまったのではないかと推測できます。

スポンサーリンク

次の記事⇒場面緘黙症の原因 書き換えられた母のセルフイメージ 母親との関係[5]


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ