スポンサーリンク

話下手な人に 「ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~」

前回、前々回と雑談や会話が苦手な方についての記事を書かせていただきました。

雑談が苦手だった私 雑談とは?なぜ会話に参加できないのか
コミュ障、対人恐怖症からの脱出 雑談力、会話力を上げる方法

そして、その対策として、
“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~
という教材をご紹介させていただきました。
今回もう少しその内容について触れてみたいと思います。

教材の販売は2017/2/28をもって終了しました。

スポンサーリンク

最初のマインド編で、まず非常に重要なことが書かれています。

それはコミュニケーションの邪魔になる、
自分のプライドの置き場所についてです。

これは分かりやすく、図で説明されているのですが、
私はこれを見てハッとしました。

もし18歳の自分がこのことを理解していれば、
どれだけコミュニケーションに対して違ったアプローチができただろうかと、
過去の自分に教えてやりたい気持ちになりました。 new_ebook_coverこの教材のいい所は、
コミュ障や対人恐怖症の人の為だけに作られた物では無いということです。

口下手な人や営業のセールス力・トーク力をアップしたい人、
クラスで人気物になりたい人など、普通の人を対象にした教材です。

あがり症や神経症を直す方法など、
マイナスの状態を0にしようとするタイプのものは、
自分に合わないと、全く無駄になる可能性があります。

例えば、英会話教室やピアノ教室は、
0のものをプラスに伸ばそうとするタイプのもので、
やった分だけ能力が上がります。
そしてこの「ユーモア・コミュニケーション」についても同様です。
私は過去に視線恐怖症や、手の震えを治せる、という広告につられて、
数万円払って何も良くならなかった経験が計4回あります。

30万円以上を無駄にしてしまいました。
(1回目がすでに書いた最初の催眠療法です。
今後その他のものについても書いていきます。)

それに比べるとこの教材は、書籍に比べれば少々高価ですが、
カウンセリング1、2回分の値段なので、
気楽に始められるのではないでしょうか。

教材のデメリット

ここで取り上げられている会話例は、
若い人向けに書かれているものが多く、
そのまま使えるのは、10代~20代の人だと思われます。

30代(あるいは20代後半)以上の人は、
会話の構造や組み立て方法についての解説をよく読んで、
自分の会話に生かすようにしてください。
固い会話や専門分野の話、議論などが雑談でできればいい、
という考えの方には必要ないと思います。

みんなで笑うことにより、親密度を深めたいという方向けの教材です。
笑いや冗談は必要ではないという方は、読んでも意味がないと思います。
また、現在場面緘黙(かんもく)症で、高校2年生だったとします。
そういう人がいくら知識を取り入れても、
すぐに話せるようになるのは難しいと思います。

卒業するタイミングや、新しい場所から再スタートするタイミングに備えて、
勉強しておくということになるでしょう。
最初にこれを読んだ時点では、こんなこと言えない、
できない、と怖気(おじけ)づいてしまうかもしれません。

私もできないことが沢山あります。
これがスラスラ全部できたら、お笑い芸人か喋りのプロになれるでしょう。

できることだけやればいいと思います。
完璧主義になったり、焦る必要はありません。

間違いだらけの思い込みを変える

そもそもコミュ障だったり、
対人恐怖症の人が考えているコミュニケーションのやり方というのは、
間違いだらけの思い込みで一杯の頭の中から出てくるやり方です。

普通の人(に見える人)がやっていることが恥ずかしくてできず、
普通の人から見たら不自然だと思われてしまうやり方で、
コミュニケーションしようとしているのだから、
人からコミュ障だと言われても仕方ありません。
あなたは周りが楽しく話しているのに、全く会話に入れず、
一人ボーっと取り残される経験をしたことなないでしょうか?

私はそういうことばかりでした。
集団の中で孤独になってしまうことは最も辛いことでした。

特に雑談というのは事実だけ話していても面白くありません。
それをどう面白く伝え、相手の話にどうリアクションしていくか、
ということがとても重要になります。

私もバイト先などで、事実だけなら話すことはできました。

しかし、4人くらいで会話していると、周りがどんどん盛り上がってしまい、
どうしても自分だけがついていけず、
取り残されてしまうということがよくありました。

それが嫌で、集団から離れ、
自分と同じような人とだけ会話しようとしていた時期が長かったです。

しかし、そうしてしまうと結局コミュニケーション力は中々上がりません。
やはり様々な人と実際に会話に参加していくことが最も会話力を上げる早道です。

そしてその為の指針や心構えがあらかじめ出来ているのと、いないのとでは、
今後のより良い人間関係を作る上で、大きく違ってくると思います。

思いきって自分を変える行動を起こしましょう!

集団の中で会話するコツ

このサイトからリンクをクリックし、教材を購入していただいた方のために、
私が過去の経験を元に作成したレポート、
「コミュ障、対人恐怖症の人の為の、集団の中での会話方法」
をプレゼントしています。

取得方法についてはこちら↓
特典 「コミュ障、対人恐怖症の人の為の、集団の中での会話方法」
をご覧ください。

スポンサーリンク


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ