書痙・あがり症による手の震えに対する治療体験

new_6278290706_e720852064_m_thumb_thumb.jpg
催眠療法では書痙(しょけい)を治すことは出来ない、 と諦めた私でしたが、 インターネットでまた新たな広告を見つけてしまいました。 何と言うセラピーかも忘れてしまったのですが、 とにかく書痙が治るという広告に説得力があり、 どうしても体験してみたくなりました。 [adsense] 数回治療に通って料金は6~7万円位だったと思います。 綺麗なマンションの一室が治療室でした。 チャイムを押すと、男性が一人で対応に出てきました。 年は30代半ばで、私よりも少し若い方です。 聞けば、それまで先生について仕事していたらしいのですが、 そこから独立したばかりだそうです。 説明を聞くと、書痙のタイプのうち、治りやすいのは、 心臓のドキドキを伴わないものとのことでした。 治療すればどちらにしても治る確率は高いものの、 私のタイプは若干治らない可能性も上がってしまうので、 どうしますか、と確認を取られました。 私はとても期待していたし、 せっかくここまで来たのだから(電車で1時間以上)、 という気持ちで治療を受けることに決めました。 治療は2つのブロックに分かれていました。 1つ目はセラピストの男性が腕を左右に動かすのを、 目で追うという方法です。 動かし方に何パターンかあったと思いますが、 とにかく目でそれを追います。 どういう原理で治るのか説明を受けたと思いますが、 内容は完全に忘れてしまいました。 new_6278290706_e720852064_m_thumb 2つ目は特殊なペンの握り方と、 書き方を教わりました。 震える人は、途中で書くことから逃げようとして、 早く書いて終わらせようとしますが、 それが良くないとのことでした。 ペンをガッチリ握り、 字の細部に渡って最後まで向かい合うよう、練習しました。 男性は私が書く所を直視し、視線を送ってきます。 しかしいくら見られても、 症状を話すほど心を開いた相手に対して、 緊張して震えることはありません。 それでもとにかくゆっくり書く練習をしました。 少しでも雑に書いたり、早く書き終わらせようとすると、 注意されました。 私は何度も自分の氏名や住所を男性の前で書きました。 しかし結局、所定の回数を通ったのですが、治りませんでした。 セラピストの前では平気でも、 コンビニの宅急便の手続きなどで、 店員の視線を感じてしまうと心臓がドキドキしてしまいます。 そうなるといくらゆっくり書こうとしても、 体が制御できないのです。 セラピストの男性は、 無料で治療を延長してくれると言ってくれました。 しかしやることは一緒です。 真剣に治してくれようとする意志は感じましたが、 同じことを何度やっても無駄だと思いましたし、 通うのも面倒になっていました。 私はこの治療方法では無理だと諦めました。 ちなみに最初に領収書を貰う際、 その男性が書いた字は、私よりも下手な字でした。 後から考えると、私に自信を持たそうとする為に、 わざと下手に書いていたのではないかと思います。 とても真面目で良い方でした。 [adsense2]... 続きを読む⇒

精神科?神経科?心療内科? その違い 病院の選び方と体験談

new_stetoskop-1380011550zIB.jpg
対人恐怖症などを病院で診てもらう場合、 どこに行ったらいいか分からない人もいると思います。 ネットで見ると、精神科・神経科と心療内科の違いが説明されていますが、 私が神経科、心療内科に両方実際行ってみたところ、 大差は無いように感じました。 [adsense] 先生や病院次第だと思うので、行きやすい方でよいと思います。 病院の口コミサイトで調べてみるのも一つの手です。 QLife hosupi 例えば、日本橋メンタルクリニック,福岡心身クリニック のような口コミがあれば、 行ってみるというのも一つの方法です。 (これらの病院について私は一切無関係です) 保険適用の病院では、どちらに行ったとしても、 症状に応じた薬を処方するのが基本です。 ある程度の話はもちろん聞いてくれますが、 時間の関係上カウンセリングのような、 深いレベルからの症状確認はなかなか難しいようです。

ある病院での体験談

私が以前一度行ったことのある神経科での話です。 目的は睡眠導入剤を処方してもらうことでした。 引っ越し直後で初めて行く病院でした。 最初に保険証を提示すると、 受付の女性の態度がぶっきらぼうで、 とても感じが悪い印象を受けました。 待合室に座っていると、席を立って意味もなく、 グルグル歩いている患者さんがいます。 また座って何か唸っている人もいました。 受付の女性はそれらの人が帰るとき、 「お大事に」の一言も言いません。 私が診察を受けている最中の先生とのやりとりは、 その女性にも聞こえている位置でした。 診察が終わって帰るときの精算では、 女性の態度は打って変って愛想が良くなり、 「お大事に」と丁寧に挨拶もしてくれました。 new_stetoskop-1380011550zIB つまりこの病院は日常生活においての、 通常の対応が困難な患者さんが多かったのです。 そしてその女性は患者さんが普通の対応ができないことに、 腹を立てていたのでした。 だから私が先生と普通のやりとりが出来ることを確認して、 態度を変えたのです。 毎日のことなのでストレスが溜まるのは分かりますが、 やっぱり仕事なので誰に対しても丁寧に接して欲しいものです。 その病院を訪れたのはその一度きりになりました。 ちなみに他の神経科(心療内科も)では、 そういう患者さんがいるのを見たことはありません。 私が行った限りでは、 待合室にいても、普通の内科と変わらないところばかりでした。 [adsense2]... 続きを読む⇒