2014-11

スポンサーリンク
場面緘黙症

場面緘黙症の子供への対応 実際の症例から原因を探る

場面緘黙症(選択性緘黙症)のことをネットで調べてみると、原因は特定のものではなく、必ずしも親が原因とは限らないと書かれています。 言語障害を持つ場合も含まれていますが、その場合は家族は認めてくれているが、学校では馬鹿にされる、というこ...
潜在意識・無意識

ダリとフロイトとユング 無意識・夢の映像化 潜在意識と時間について

サルバドール・ダリはフロイトに大きな影響を受けている画家です。 シュルレアリスムと呼ばれるジャンルで、最近では簡略化した「シュール」という言葉がよく使われています。 ダリは学生時代にフロイトの書籍を読み感銘を受け、その理論を自分の作...
性格・心理

リア充と非リア充 コミュ力のある人とコミュ障になる人の特徴

ネットの書き込みなどを見て思ったのですが、どうやらコミュ障の人達にとって、リア充と呼ばれる人達は、自分達の反対の世界にいるような、脅威となる存在のようです。 ※リア充 リア充(リアじゅう)とは、リアル(現実)の生活が充実している人物...
性格・心理

精神分析とは フロイト理論によるエス・自我・超自我・性的発達段階

フロイトの精神分析は現在の心理学の土台となる理論であり、人の心というものを探る上で最も基本的な考え方だと思います。 初期の頃は無意識を探る為に、催眠療法を用いていましたが、フロイトは人により向き、不向きがあることと、効果が持続しないこ...
芸能人・有名人

東ちづるさんに学ぶアダルトチルドレン(AC)の特徴 家族と依存

東ちづるさんの「〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか」(副題 「いい人やめた!」母と娘の挑戦)を読んでみました。 この本が出版されたのは大分前のことですが、当時テレビで東さんが、お母さんと一緒にカウンセリングを受けた、と話していたの...
場面緘黙症

大人の場面緘黙症(選択性緘黙症)・コミュ障の治療について

私は高校生まで場面緘黙(かんもく)症で、それを治すことはできませんでした。 人によっては中学や高校で治る人もいます。 同じ環境(場面)が続く中で、話せなかったものが、話せるようになるというのは、この症状を持つ人にとっては、非常に...
各種恐怖症・神経症

表情恐怖症・笑顔恐怖症 私の場合の原因と改善・克服方法

表情恐怖症、笑顔恐怖症と言われる症状は、対人恐怖症状の一種です。 人と接する時、笑顔になれない、顔がひきつる、顔がこわばる、自分の顔が相手に不快感を与えているのではないかと気になる等、自然な表情でいなくてはならない、笑顔でいなくてはな...
芸能人・有名人

外向的・内向的な性格 ユングのタイプ論から見る小説家や芸人の個性

ユング(カール・グスタフ・ユング)は、人は誰でも自分の中に外向的な側面と、内向的な側面の両方を持っていると述べています。 外向的というのは関心や態度が外側の事象や人に向けられ、内向的だと関心は内側の事象に重点があるとしています。 ...
各種恐怖症・神経症

母子分離不安の原因と赤ちゃん・子供の人見知り 分離不安障害とは

分離不安というのは、赤ちゃんが、母親と他人の区別がつく生後8ヶ月くらいから起こる正常な反応で、ほとんどの子はこの時期人見知りを経験するそうです。 このとき母親自身が他人との距離をどう捉えているか、無意識の反応が子供に伝わり、子供の人見...
芸能人・有名人

遠野なぎこはメンヘラ?母親との関係と病気、離婚の原因

バラエティ番組に出演し、最初は派手な男性遍歴を語ることで、話題を集めていた遠野なぎこさん。 その後母親との壮絶な過去を告白し、ちょっと気になっていたので、彼女の書いた本、「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」を読...
スポンサーリンク