「アメトーーク」人見知り芸人を見た感想と人見知りの分析!

手で顔を隠す女性 性格・心理

「アメトーーク」で「人見知り芸人」をやっていたので見てみました。

この企画は自称人見知りの芸人やタレントが自分の性格や経験談を面白おかしく語るというものです。

全然そんな風に見えない人やこれは重症だなという人もいてとても面白かったです。

最初の回(9年前)に出ていたオードリー若林さんは人見知りを克服したということで卒業生としての出演です。

出演メンバー:

山内健治(かまいたち)、滝沢カレン、オカリナ(おかずクラブ)、小宮浩信(三四郎)、西澤祐介(ダイアン)、草薙航基(宮下草薙)、福徳秀介(ジャルジャル)、後藤拓実(四千等身)、若林正恭(オードリー)

スポンサーリンク

人見知りとは?

まず、「人見知り」とは何かを確認しておこうと思います。

辞書を見ると人見知りは以下のように書かれています。

子供などが、知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすること。「人見知りして泣く子」

コトバンクより

他の辞書を見ても、人見知りというのは本来子供や赤ちゃんが見せる反応のようです。

大人になっても人見知りというのは、やはり社会人として未熟というのが世間的な見方なのかもしれません。

小宮さんは劣等感が強い?

まず三四郎の小宮さん。

この人は全然人見知りに見えなかったです。
よく喋るし、表情も豊かです。

他の人が喋らないから自分が代表して喋るなど、人見知りとしは軽症なのかな、と思いました。

特徴としては、人を能力で判断している傾向があります。

自分の劣等感から、「ちゃんとしている人」が苦手だと言います。

売れてない先輩なら緊張しない、ということなので、人見知りというよりは劣等感が強い人と言ったほうがいいかもしれません。

飲み会・食事会が苦手

打ち上げが苦手というのは全員共通しているようです。

これは私もよく分かります。

あまり親しくない人達と何か楽しく話さなくてはいけないというのは精神的に疲れます。

ただ自分と違うなあ、と思ったのは滝沢カレンさんです。

彼女は、知らない人には話しかけてもらいたくないとのことで、天井を見たりして「話しかけないでオーラ」を出すとのことです。

自分に話しかけられそうになったらお茶を飲んだり携帯を見たりするとのことで、まさに子供の人見知りという感じです。

私は飲み会などの席では、なるべく人と話したいです。
話の輪に入れず、孤立してしまうことをとても恐れています。

かといって、普段人と積極的に関わろうとはしないので、やっぱり人見知りなのだと思います。

この辺りの心理は「人見知り」という言葉でひと括りにできないところかもしれません。

食事会や飲み会で箸やカップを持つ手が震えてしまう

滝沢カレンさんは心が安定している?

私が人見知りなのに孤立を恐れるという心の弱さがあるのに対して、滝沢さんは孤立を恐れていないようです。

人に紹介されるのも嫌というエピソードからしても、自分のペースで人に慣れていくので、それまでは干渉しないで欲しいという強い気持ちを感じます。

知らない人と2人きりになったらどうなるかという隠し撮りの映像を見ると、質問には笑顔で答えるものの、それ以上のことを言わず会話を続けようとする気がありません。

人見知りでも、それを悩んでいるという感じではないので、心は安定しているのではないでしょうか。

宮下草薙 草薙さんは変わり者

草薙さんという人は初めて見ましたが、ちょっと人見知りという次元を超えていると思いました。

飲み会の途中で爪を切りに家に帰るなど普通の人にはちょっとできないことをやってしまいます。

隣の家の犬がうるさいので自分も犬のように吠えるという話は、もはや危ない人です。。。

聞いてる分には凄く面白いので、お笑い芸人にうってつけなのかもしれません。

そして本人に人見知りを治す気はないということです。

無表情のダイアン西澤さん

西澤さんは表情がほとんど変わらず能面のようでした。

印象として人見知りが重症なのかなと思ってしまいます。

もう少しどういう人なのか色々エピソードを聞いてみたかったです。

卒業生オードリー若林さんの人見知り克服法

若林さんは人見知りを克服するため(?)に、毎日のようにガールズバーに通ったそうです。

ちなみに私はお酒が飲めないということもあり行ったことがないので、どういうシステムなのかよく分かりません。

クラブとかは付き合いで行ったことがありますが、確かにお酒が好きならそういう場所は会話の練習としていいかもしれません。

ポイントは人見知りを克服したいという意志があることだと思います。

やっぱり治そうとする意志がある人は治っていくんだと彼を見ていて思いました。

まとめ

私からすればカメラの前や舞台など人前で話せるという時点で、芸人やタレントの人見知りというのはそんなに深刻な問題ではないと思います。

まあ、だからこそお笑い番組として成立するわけですが。。

ただ人の心や性格というのは千差万別で、悩んでいると自分だけが異常と思いがちですが、色々な人がいるんだなと見ていて改めて思いました。

アメトーーク! DVD 10
よしもとアール・アンド・シー