映画ブラック・スワンを観た感想 母親は支配欲の強い毒親!?

黒鳥 性格・心理

「ブラック・スワン」という2010年公開の映画を観てみました。

この映画の主演はナタリー・ポートマンで主人公のバレリーナであるニナを演じています。

ナタリー・ポートマンといえばリュック・ベンソン監督の映画「レオン」のマチルダ役でデビューし、とても印象深い役だったので覚えていましたが、私はそれ以降彼女の映画を観ていなかったので、あの子がこんな大人の女性になっていたのかという感慨もありました。

この「ブラック・スワン」はジャンルとしてはサスペンス、サイコスリラー、サイコホラーなどに分類されています。

私はサスペンス映画は好きなので、自分のウェイティングリストには入れていましたが、お金を払ってまで観ようとは思っていませんでした。

今回無料で観れたのですが予想以上に良かったのでここで紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ブラック・スワンの主人公は摂食障害

主人公のニナはバレリーナで次の公演である「白鳥の湖」で主役に選ばれるために毎日練習に追われています。

ニナの母親も元バレリーナで、自分の果たせなかった夢を娘に託しています。

母親のエリカは明らかに過干渉で支配的です。

自分は一流のバレリーナにならなくてはいけない、という強迫観念を植え付けられているように見えるので、この母親はニナの視点から見れば毒親と言ってもいいかもしれません。

ニナは無意識的に自分の体を傷つける自傷行為を行い、時折トイレで食べたものを戻しているので、摂食障害を患っていると考えられます。

ニナの性格は真面目で臆病な完璧主義者です。

内面には気の強さも見えますが、バレエでは自分の殻を破れず次回の公演で必要な黒鳥の演技がどうしても演出家のトマに認められません。

白鳥だけなら完璧に演じられるニナですが、黒鳥には官能的な色気が求められ悪女の一面が必要であるとトマに言われています。

トマは女癖が悪いという噂もあり、ニナの成長のためなのか自分の欲望のためなのか、ニナに性的なアプローチをしたりして彼女をけしかけます。

尚、この映画はR15指定作品になっていて性的な描写が頻繁に出てくるので拒否反応がある人は見ないほうがいいでしょう。

映画は摂食障害や自傷行為の癖があり心理的に病んでいると思われるニナの視点から描かれているので、特に前半は息苦しさや不安感、恐怖心がどことなく漂った演出となっています。

黒鳥に変身するニナ(ネタバレ注意)

鏡に映る自分が振り返ったり、事故を起こした先輩バレリーナのベスが突然自分の顔をナイフで刺すなど、恐ろしいシーンが出てきますが、これはニナの妄想あるいは幻覚であり、現実認識が正常に出来ていないことを表しています。

ニナの症状は悪化し、公演の日に起きることができず、母親は休ませようとしますが、それを振り切って彼女は舞台に上がります。

しかし体調が悪く晴れ舞台でミスをしてしまい、幕間まくあいに楽屋を訪れた友人でありライバルのリリーに役を奪われると感じたニナは自分に取って代わろとするリリーを鏡に叩きつけその破片で刺し殺してしまいます。

「私が黒鳥を踊ってあげる」と言うリリーはいつの間にかニナ自身になっていました。

リリーを殺したニナは黒鳥になりきり観客のスタンディングオベーションを受けます。

しかし次の幕間で殺したはずのリリーが祝福にきてくれ、ニナは唖然とします。

ここでやっと自分のお腹から血が出ていることにニナは気付きます。刺した相手はリリーではなく自分自身だったのです。

映画によるカタルシスと心理分析

私はニナが黒鳥になり切って自信たっぷりの表情で演じる姿に感動し胸が熱くなりました。

人を殺しているので普通は感動するような場面ではないのかもしれませんが、人の感情はそれぞれ持つ記憶により異なります。

自己分析すると、自分の殻を破れなかったニナが最後に完璧な黒鳥を演じられたところで、私の深い部分では、自分がはじけたり殻を破るようなことができなかったことを悲しんで涙が溢れたと考えられます。

感動の涙や嬉し涙は自分の抱えている悲しみを浄化するための体の修復機能です。もちろん悲しくて泣くことも同様です。

泣くこと、涙を流すことの効能

深い部分では悲しんでいますが、修復機能により(?)感情的には感動したり嬉しいという気持ちが起こります。

ですので、映画などで泣くことは非常に体に良いことです。

今回、このようなサイコサスペンスで泣くことができたのは、とてもラッキーだったと言えます。

毒親的な母親に育てられた子供の心理を描いているという点も共感ポイントだったかもしれません。

ブラック・スワンを無料で観る

下記のサービスの無料期間を利用するとこの映画を無料で観ることができます。

音楽、動画、マンガ、書籍を利用できるサービスが30日間無料です。
無料でもらえるポイントでこれらを利用することができます。

直接music.jpのサイトからも登録できますが、料金が発生してしまうので、下記バナーをクリックして現れる画面から登録してください。