各種恐怖症・神経症

スポンサーリンク
あがり症・視線恐怖症

【不安解消】病的な緊張を和らげる方法は食事に気をつける事!

近年心の病と食事の関係が明らかになってきています。 心の病は脳内物質のバランスが崩れることで起こると「心の病は食事で治す」(生田哲著)という本に書かれています。 ここでいう心の病とは、うつ病、統合失調症(精神分裂病)、パニック障...
あがり症・視線恐怖症

雑談が苦手だった私 なぜ集団の中で会話に参加できないのか!?

場面緘黙症だった私は高校を卒業後、バイト先やその他の新しい集団に関わる時、困ったことがありました。 やっとクラスというものから開放されたのですが、雑談のような会話が苦手でうまくできないのです。 「何歳?」 「どこに住ん...
あがり症・視線恐怖症

顔が赤くなる事への対策・赤面症の治し方!私が克服した方法とは?

顔が赤くなる、ということを指摘されたのは、最も古い記憶では10歳になる前、幼稚園か小学生だったか覚えてません。 家の前で近所の友達と遊んでいた時、何か私がついたウソがばれて、友達に問い詰められたことがあります。 私が気まずい思い...
あがり症・視線恐怖症

あがり症の治し方!薬を使わず克服!視線恐怖症の私が思う事

あがり症というのは、対人恐怖症や視線恐怖症などを含んだ言葉だと思います。 視線恐怖症には「自己視線恐怖症」と「他者視線恐怖症」という2つの種類があります。 「自己視線恐怖症」は自分の視線が他人に不快感を与えてるのではないかという...
あがり症・視線恐怖症

人前で緊張し手や声が震える場合の薬を使った対処法!

私は30歳くらいから視線恐怖症の症状が強くなり、人前で字を書くときに手が震えるようになってしまいました。 そこで病院へ行って症状を話すと、精神安定剤(抗不安薬)を処方されました。 精神安定剤は病気を治す薬ではありません。...
各種恐怖症・神経症

子供のトラウマが性格に与える影響 犬として育てられた少年

母親が殺される現場にいた少女、犬として育てられた少年、自分達で言語を作った子供の話などを紹介します。
場面緘黙症

私が場面緘黙症になった原因は親の性格に問題があった!

私は学生時代、場面緘黙症という病気で学校で普通に話すことができませんでした。 なぜ学校へ行くと話すことができないのか、その原因は大人になるまで全く分かりませんでした。 理由が分かったのは25歳を過ぎてからのことです。 ...
場面緘黙症

元場面緘黙症者のブログ 喋らない・笑わない子供!

ブログをリニューアルしました。 私は幼少の頃から高校を卒業するまで場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という心の病気にかかっていました。選択性緘黙性ともいわれるものです。 子供の頃にはそんな病名は無かったので、ネットでこの言葉を発...
各種恐怖症・神経症

【眠れない】寝付きが悪い私がすぐ眠れるようになった方法!

私は学生の頃から夜型で、眠りに対して神経質なタイプでした。 過去には睡眠障害の「非24時間睡眠覚醒症候群」と診断されたこともあります。 最近「睡眠負債」という言葉をよく耳にしますが、不眠は現代人特有の悩みなのではないかと感じます...
場面緘黙症

場面緘黙症の子供への対応 実際の症例から原因を探る

場面緘黙症(選択性緘黙症)のことをネットで調べてみると、原因は特定のものではなく、必ずしも親が原因とは限らないと書かれています。 言語障害を持つ場合も含まれていますが、その場合は家族は認めてくれているが、学校では馬鹿にされる、というこ...
スポンサーリンク