各種恐怖症・神経症

スポンサーリンク
場面緘黙症

大人の場面緘黙症(選択性緘黙症)・コミュ障の治療について

私は高校生まで場面緘黙(かんもく)症で、それを治すことはできませんでした。 人によっては中学や高校で治る人もいます。 同じ環境(場面)が続く中で、話せなかったものが、話せるようになるというのは、この症状を持つ人にとっては、非常に...
各種恐怖症・神経症

表情恐怖症・笑顔恐怖症 私の場合の原因と改善・克服方法

表情恐怖症、笑顔恐怖症と言われる症状は、対人恐怖症状の一種です。 人と接する時、笑顔になれない、顔がひきつる、顔がこわばる、自分の顔が相手に不快感を与えているのではないかと気になる等、自然な表情でいなくてはならない、笑顔でいなくてはな...
各種恐怖症・神経症

母子分離不安の原因と赤ちゃん・子供の人見知り 分離不安障害とは

分離不安というのは、赤ちゃんが、母親と他人の区別がつく生後8ヶ月くらいから起こる正常な反応で、ほとんどの子はこの時期人見知りを経験するそうです。 このとき母親自身が他人との距離をどう捉えているか、無意識の反応が子供に伝わり、子供の人見...
書痙

書痙が治らない理由 「TEPPEN」を見て思ったこと 手の震えについて

最初に字を書く時手が震えたのは20歳過ぎた頃だと思います。 何か会員カードみたいなものを作るとき、店員に見られていることを意識して字を書いていると、手が震えてきました。 もともと字が下手だったので、コンプレックスはありました。 ...
スポンサーリンク