男運がない人の典型?光浦靖子の占いから男運の悪さを考える!

キスされる女性 心理占星術

クリスマスに放送された、「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2014」にて光浦靖子さんが自身の不幸話を披露していました。

結婚を意識した気になる人がいて、運命を感じていたものの、相手から「実は結婚することになりまして」と報告があったというエピソードです。

結婚願望がとても強いものの、いつも不幸話ばかりで、良い話を聞かない光浦さんですが、一体彼女のホロスコープはどうなっているか気になって、見てみました。

スポンサーリンク

占星術で光浦さんの男運を探る

光浦靖子(みつうら やすこ)
生年月日:1971年5月20日
出身地:愛知県
身長:158cm
血液型:A型

太陽☉:おうし座
月  ☽:うお座 出生時間が14:11以降は、おひつじ座
金星♀:おうし座
火星♂:みずがめ座

光浦さんのホロスコープを見ると、まず、自分の金星と火星の相性が悪いです。

これは自分の好みのタイプの男性に対して、自分の愛情表現方法がマッチしていないことを表します。

光浦さんのタイプの男性というのは、知的で自由、個性が強い人という感じですが、自分の愛情表現は、相手の知性を満足させるというよりも、もっと実直で、現実的な感じです。

それでも、恋愛運が悪いなら、恋愛せずにお見合いなどで、結婚してしまえばいいと言うことはできます。

しかし、光浦さんの場合、自分の月と太陽の位置関係は悪くないものの、太陽と土星が隣同士にあり、占星術では典型的な晩婚の相が出てしまっています。

これは父親からの影響の可能性が高いのですが、結婚を急がないほうが良い、ということも表します。

土星には人生のテーマという重要な意味があるので、これをきちんと体験しなくてはなりません。

単純に解釈すると、角が取れて丸くなってから結婚しましょう、と土星が言っているようです。

45歳を過ぎると人の良さが加速するので、お互いの人間性に引きあった同士で結びつくと良さそうです。

土星男運や結婚運が悪いということは、自分に何か原因があるということです。

そこをきちんと改善していくと、結婚が近づくわけですが、そういうことに時間をかけていると自然と次のサイクルが訪れ、結婚する頃には、それに相応しい自分が出来ている、ということが晩婚の相の本質です。

人のせいにしたり運が悪いと嘆くだけでは、いつまでも幸せが来ないわけですが、真面目にやっていれば良いことがあるというのは、土星の持つ意味でもあります。

そして最も重要なことは結婚=幸せとは限らないということです。

結婚して不幸を感じている人も沢山います。

私のような一般人でしかも色々問題を抱えている人間からすれば、芸能人というだけでも凄いことですし、わざわざ結婚できない自分を卑下する必要は無いと思います。

そういう芸風で売っているのなら問題はないですが、世間的な価値観にとらわれていると幸せになることは難しくなってしまいます。

占いはなぜ当たる?心理占星術とは?タロットカードや霊感占いについて!
占いは本当に当たるのか?心理占星術やタロットカード、私が実際に受けた霊感占いについてなどを紹介します。
心理占星術で自分を知る!生年月日で自分の性格が驚くほど分かる!?
今回は自分で簡単にできる心理占星術の解説をしたいと思います。 自分のサインを知る まず、「星座」ではなく「サイン」という言葉を使うのは、実際の天体の星座と西洋占星術の星座は無関係だからです。混同しないために占星術の世界ではサインという言...