遠野なぎこはメンヘラ?母親との関係と病気、離婚の原因

暗い部屋の壁際にしゃがみ込む女性 芸能人・有名人

バラエティ番組に出演し、最初は派手な男性遍歴を語ることで、話題を集めていた遠野なぎこさん。

その後母親との壮絶な過去を告白し、ちょっと気になっていたので、彼女の書いた本、「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」を読んでみました。

スポンサーリンク

自らをメンヘラと言う遠野なぎこさん

ブログでは自らをメンヘラと呼び、病気の症状として、摂食障害と醜形恐怖症があります。
その原因は本を読んですぐ納得できました。

幼少の頃、児童劇団に入ったのは弟と妹だけで、なぎこさんは母親に入れてもらえませんでした。

ここには第一子に対する母親からの無意識の投影が伺えます。

「あんたは醜い」という母からの言動が、幼少の記憶にこびりつき、心に醜形恐怖を生じさせています。
しばらく自分の姿を鏡で見れなかったそうです。

このことにより、遠野さん自身が、自分が劇団でやれるわけがない、と自信を持つことができず、スタッフからの子役への誘いに困惑します。

また両親からの体罰もありました。
母親からは鼻血が出るほど殴られた上に、「鼻血が出やすい体質」と思いこまされています。

これらにより対人恐怖症状があり、緊張すると手が震えることを止められません。

テレビで彼女が震えているのを見た人が、アルコールのせいだとネットに書いているのを見ましたが、実際は対人緊張の症状のようです。

両親は離婚し、再婚した義父との気まずい関係など、心が安らぐ暇がありません。

母親が摂食障害

母親自身が摂食障害で、食べた後、自ら吐くことにより、体型を維持しようとしていました。

遠野さんも母から、吐くと楽になることを教えられ、その衝動を抑えられなくなってしまいます。

母親自身は自由奔放で子供の気持ちは考えられない人のようです。
子供に性的な写真を見せたり、自分の男関係を自慢するなど、異常な行動が見られます。

母親自身の人格形成については触れられていません。
遠野さん自身にまだそこまで考える余裕は無いのかもしれません。

2度のスピード離婚が話題になっていますが、1度目の結婚については本にも書かれています。

結局他人との共同生活が自分の心を圧迫し、耐えられなくなってしまうのですが、結婚するときに、離婚届けを用意しようとするなど、すでに最初から結婚生活に自信を持てていません。

それなのに2度目も同じようになってしまうのは、理性の欠如もあるのかもしれません。

感情の赴くまま、自分がコントロールできなくなってしまうようです。
内側から生じる激しい衝動は、他人には理解できないでしょう。

1度失敗してるのに、なぜ学習しないのかという批判はあると思いますが、心のコントロールが出来ないので仕方ないと思います。

ただ2度目の離婚相手とはまだ関係は続いているそうなので、逆に関係を潰さない為の手段だったのかもしれません。

自殺未遂も

若い頃に自殺未遂により、芸能界を干されています。

復帰後しばらく経ってからも、自殺の衝動に駆られますが、死んでも母を喜ばすだけだということに気付き、生きる決心をします。

華やかな世界に生き、スポットライトを浴びることができるほど美人なのに、醜形恐怖症と言われても、同情出来ない人もいるでしょう。

親からの否定により、心のフィルターが曇っているので、同じものを見ても他人と同じに見えないのだと思います。

苦しみ続けた本名の「あきみ」を、新しく作った人格である「なぎこ」と共に、今はまだ治療している段階なのかもしれません。