エディプスコンプレックスとは? マザコンの原因 父親との関係

赤ちゃんを抱く母親 性格・心理

エディプスコンプレックスとはフロイトが提唱した概念で、ギリシア神話をモチーフにした特に父親に対する息子の、抑圧した心理を指す言葉です。

ギリシア神話の「オイディプス(エディプス)王」がモチーフになっています。

スポンサーリンク

「オイディプス王」の物語

息子のオイディプス(エディプス)が将来父親を殺して母親を妻にする、という神の予言の言葉を聞いた王であるライウスは、その予言を恐れて息子を山に捨ててしまいます。

オイディプスはその後羊飼いに助けられ、別の国で王子として育ちました。

成人したオイディプスはあるとき山中で父のライウスと出会ってしまいます。 お互い戦車(馬車)に乗り、旅の道中だったのですが、相手がまさか父であり息子であるということは分かりません。

不幸にも両者が相手に道を譲ることを拒否したため、戦闘が勃発してしまい、結果としてオイディプスは父であるライウスを切り殺してしまいます。

その後殺した相手が誰なのか分からないままオイディプスは、怪物スフィンクスと遭遇します。

有名なスフィンクスの、「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足で歩くものは何か」(答え:人間)という謎を解いたオイディプスは、祖国であるテーバイにて英雄として迎えられ、王妃であったイオテスカと結婚します。

イオテスカが実の母だとは知らず、夫婦は4人の子供をもうけました。

しかしやがて二人は歴史を紐解き、真実を知ってしまいます。 絶望したイオテスカは自害し、オイディプスは自らの目をえぐり失明します。

こうして神の予言は実現してしまったのでした。

エディプスコンプレックスとは何か

この悲劇をモチーフに、フロイトは、生まれた男児は父を敵視し、父から母を奪おうとする心理を抑圧して持っていると考え、その心理を「エディプスコンプレックス」と名付けました。

女児の母親に対する心理も、フロイトは、女児のエディプスコンプレックスとして同様に扱っています。

エレクトラコンプレックス

男児と女児の成長の仕方の違いや、その心理に辿りつく過程が異なることから、ユングは女児の母親への心理を「エレクトラコンプレックス」と名付け、別物として考えるようになりました。

正常な父と男児の関係とマザコン(マザーコンプレックス)について

マザコンという概念も、エディプスコンプレックスの作用と考えてよいでしょう。

生まれたばかりの乳児は自分と他者の区別がつかず、すべては一体と考えています。

やがて自分にミルクをくれる母とそれをもらう自分という、区別がつき始め、最も身近にいる同性の父親という存在も認識します。

当然乳児にとって最も大切な存在は、自分の空腹を満たし、同時に愛情も与えてくれる母親であり、父親は2番目の存在です。

しかし成長するに従って、男児は父親を目指すべき男性モデルとして捉え、敵視するのではなく、目標とすべき存在と考えるようになります。

このような過程が一般に正常な親子関係であるわけですが、母親が息子を必要以上に可愛がり、子供もいつまでも母親に甘え頼ってしまう現象が、マザーコンプレックスと呼ばれるようになりました。

マザコンは正式な心理学用語ではないので定義は曖昧です。

母親に対してある程度のマザコンであることは正常な状態です。

ただ度を超すと、自立できなかったり、女性に引かれてしまうので、子供がある程度の年齢に達したら、母親の過度な溺愛は控えるべきでしょう。

子供の数が多かった以前と比べ、少子化が進む現代では一人っ子の数も増え、男児女児に関わらず、母親の側が子離れできないという問題も増えています。

子供のマザコンが重症の場合、母親自身の孤独や支配欲等が原因である可能性もあります。

過保護や過干渉は子供の自立を妨げるので、やみくもに愛情を与えるのではなく、何が子供にとって大切なのかを考えることも重要だと思います。